homeprevious homehome

3次元関数モデルのフィット


3D function v=f(x,y,z) をデータにfitすることができます。「3D Fit」ボタンをクリックしてはじめてください。

サンプルデータを利用する場合は、 ここをクリックし、 適当なディレクトリ(フォルダー)に保存してください。

サンプルデータにデフォルトの関数をfitする場合は、

  1. 「Data」欄で、「open data file」をクリックして、保存したデータファイルを指定し、
  2. 「Fit」ボタンをクリックすると、結果が表示されます。

データ

  1. 1行目にデータのラベルを記述することができます。各データのラベルは空白をあけずに記述し、各データごとにスペースまたはタブで区切ってください。
  2. データは半角で入力してください。
  3. vのデータにエラーがない場合、または、vがPoissonxデータの場合、y、z、vのデータの順に、データをスペースまたはタブで区切り、入力してください。一組のデータ入力が終了したら改行し、次の組のデータを同様に入力してください。
    x1 y1 z1 v1
    x2 y2 z2 v2
    ....
    ....
    ....
    xn yn zn vn
  4. vがGaussianデータの場合、x、y、z、v、vのエラーσvの順にデータをスペースまたはタブで区切り、入力してください。一組のデータ入力が終了したら改行し、次の組のデータを同様に入力してください。
    x1 y1 z1 v1 σv1
    x2 y2 z2 v2 σv2
    .....
    .....
    .....
    xn yn zn vn σvn
  5. または、データファイルは表データ形式でも構いません(データファイルには、計算に使用しない列データを含んでいても構いません)。その場合、列データは数値をスペースまたはタブで区切って、列データの個数分入力したら、改行してください。列データをデータの個数分、行に入力してください。ただし、「Data columns」で、使用するcolumnの指定が必要になります。

入力

  1. 「Open data file」をクリックし、データファイルを指定してください。
  2. もし、データファイルの1行目にデータのラベルがあり、それを使用する場合は、「Data labels」にチェックを入れてください。
  3. データファイルの中の使用するデータのcolumnを指定できます。データファイルの中の使用する列番号をスペースで区切って指定し、「Data columns」にチェックを入れてください。
  4. fitするxデータの範囲を指定できます。範囲をスペースで区切って入力し、 「x data range」にチェックを入れてください。例えば、xの範囲を 0≦x≦15としたい場合は、「0 15」と指定して、「x data range」にチェックを入れてください。
  5. fitするyデータの範囲を指定できます。範囲をスペースで区切って入力し、 「y data range」にチェックを入れてください。例えば、yの範囲を 0≦y≦15としたい場合は、「0 15」と指定して、「y data range」にチェックを入れてください。
  6. fitするzデータの範囲を指定できます。範囲をスペースで区切って入力し、 「z data range」にチェックを入れてください。例えば、zの範囲を 0≦z≦15としたい場合は、「0 15」と指定して、「z data range」にチェックを入れてください。
  7. 「Data type」欄で、データタイプを選択してください。
  8. 「Function f(x,y,z)」欄に関数を入力し、Setボタンをクリックしてください。関数は、v=f(x,y,z)の形で入力してください。関数の入力に関しては、ここを参照してください。
  9. 「Parameters」欄にパラメータの初期値をスペースで区切り、入力し、Setボタンをクリックしてください。
  10. 「Fit」ボタンをクリックすると、結果が表示されます。
  11. 「Show error matrix」ボタンをクリックすると、誤差行列の数値が表示されます。
  12. 「Show residual plot」ボタンをクリックすると、残差のプロットが表示されます。
  13. 「Show residuals」ボタンをクリックすると、残差が表示されます。



Kazushi Neichi
Department of Business Administration, Tohoku Gakuin University