研究員紹介
村上 弘志(教養学部情報科学科)
銀河系の中心に潜む怪物を追う



 研究員紹介ということで貴重な紙面を頂きましたので、私の来歴・研究内容など紹介させて頂きます。

 最初に来歴についてです。略歴を書いているとまるで宇宙の研究へ向けて一本道、というように見えなくもないので補足しておきますと、実態はその逆で基本的に道を狭めないように最低限の選択をして来た結果行き着いたのが天文学だった、という形です。

 まず高校で二年次から文系/理系の振り分けがあったわけですが、高校に入って一年弱で選択を迫られ決め手がなくあれこれ迷った覚えがあります。最終的には理系から文系への転向は可能だがその逆は難しい、と聞きましたので理系にしましたが、ここで文系にしていたらまるで違った進路になっていたことでしょう。次に来るのは大学で受験する学部の決定ですが、文系/理系の選択がやっとだったのに理系のどの分野かなど選べるわけもなく、ここは逃げで入学前に選択する必要がなかった理学部へ進みます。幸い京都大学は学部全体での募集でした。生物、化学、数学、物理、地球物理などまだまだ迷えます。学部三回生で、東北学院と同様に研究室が提供する課題演習を履修する、という形で分野を選択することになります。この辺でようやく考え出して、研究室訪問などした覚えがあります(本当は友人に誘われてついていった)。ここで物理系の研究室を選ぶことになったのですが、実はまだ宇宙にしぼったわけではなく、専攻系決定の理由は物理系だと前後期に別の研究室で物性と素粒子・宇宙の両方をできる、というものでした。とはいうもののここまでくれば二択ですので、ようやく四回生で宇宙関係の研究室に決定しました。以上のようにできるだけ広い選択肢を残していったつもりがなぜか天文学の研究というやたら狭い分野に到達してしまいました。


村上先生の写真
(むらかみ ひろし)
1993年 岩手県立盛岡第一高校卒業
1997年 京都大学理学部卒業
2002年 京都大学大学院理学研究科博士課程修了(物理学・宇宙物理学専攻)
2002年 日本学術振興会特別研究員(PD)として宇宙科学研究所に勤務
2005年 宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙航空プロジェクト研究員
2008年 立教大学理学部 助教
2013年 東北学院大学教養学部 准教授

 このようなことを書いた後でなんですが、消極的に選んだとも言える一方で宇宙への興味自体はかなり早い時期からあったようです。実は高校は天文部でしたし、小学校の頃の将来の夢に天文学の博士になる、と書いていたとつい最近聞きました(その一年後には新幹線の運転手と変わったそうですが)。おそらく宇宙への憧れはあったもののそれで食っていけるなどとは思いもせず、あくまで趣味と考えていたのでしょう。野球が好きというだけでプロ野球選手を目指すわけではないのと同様、というと言い過ぎでしょうか。


 さて、略歴 10 行で済むところをわざわざ 1ページ弱もかけてしまいましたが、ようやく現在の研究内容について紹介させて頂きます。短くまとめると「X 線天文学の分野で人工衛星を用いて我々の銀河系の中心部などの観測をしている」ということになります。

 天文学は大変古くからある学問ですが、その大部分は肉眼に頼った観測のみでした。望遠鏡が発明されたのはほんの400 年ほど前のことですし、電波・赤外線といった可視光以外の波長での観測が本格的に始まってからはまだ100 年も過ぎていません。中でもX 線天文学は大気圏外にでないと観測できないことから大変若い分野です。1962 年にロケット観測で星からの X線を初めてとらえたのが始まりですので、ちょうど 50 年が過ぎたところです。しかし、その短い間に多くの発見がありました。

 星からのX 線、と書きましたが通常目で見える星々はX 線をほとんど出しません。X 線というのはレントゲンで使われるように透過力が強くエネルギーが高い電磁波で、温度にすると数千万度に相当します。太陽のような肉眼で見える星の表面温度は摂氏数千度から一万度を越えるあたりですから、X 線を出すには全然足りない、というわけです。ではどのような天体が X線を出すか、というと星の最期の大爆発の痕跡である超新星残骸や、白色矮星、中性子星、ブラックホールといった高密度の天体です。太陽程度の質量の星が 3 km までつぶれると、強い重力により光さえも脱出できなくなります。これがブラックホールですが、当初は理論上のみの存在でした。ところが重くて可視光では暗いのにX 線を強く出す奇妙な天体が発見され、ブラックホール候補天体とされたのです。

 このブラックホール、銀河系の中心にも潜んでいると考えられています。周辺の星の動きから、太陽の400 万倍程度の質量に相当する強い重力源の存在が示唆されるのですが、その大きさから考えるとほぼブラックホール以外にあり得ない、となります。私の研究成果の一つは、この銀河系中心のブラックホールが過去に大爆発を起こした証拠を発見したことです。周辺のガス雲による反射X 線を観測し、ほんの数百年前には銀河系中心のブラックホールは一千万倍も明るく輝いていた、という示唆を得ました。現在は非常に静穏な状態なのですが、過去には激しく活動していたのかもしれません。

 今年から来年にかけては、地球3 個分の質量のガスがブラックホールのすぐ近傍を通過します。この一部がブラックホールに落ち込むだけで、大変明るく輝き出す可能性があります。すなわち、再び活動期に入りリアルタイムで大爆発を捉えるチャンスの到来です。世界中の望遠鏡が銀河系中心に向けられており、いつ爆発するかと注目しています。大変楽しみです。


 紙面も尽きますので、今日も天文学の研究を続けられることに感謝しつつ筆をおきたいと思います。今度どうぞよろしくお願い致します。


※ このページは、2014年3月刊行の『人間情報学研究 第19巻』に掲載された記事を元にしております。その後、略歴や所属等に変更がある場合がございます。


|19巻に戻る