概要


研究所設立の目的・沿革

 人間情報学研究所(The Institute for Reserch in Human Infomatics)は、人間情報学に関する調査・研究を行いその発展に寄与するこ とを目的とし、1995年4月、東北学院大学大学院人間情報学研究科の開設を契機として、同大学の附設研究所として設置されました。

研究内容及び特色

1. 人間にとって望ましい情報化社会構築に関する基礎的・実践的調査研究
2. 情報化社会における人間の諸問題に関する研究
3. 情報システムとしての人間に関する研究
4. 人間情報学に関する資料・文献の収集
5. 言語文化に関する資料・文献の収集
6. 研究集会・講演会・公開講座の開催、紀要の発行および調査研究成果の発表
7. 研究および調査の委託

■研究の成果

 研究員の研究成果は研究所の紀要である『人間情報学研究』を中心に毎年発表されています。
 個人研究と共同研究の両方がありますが、人間情報学研究科(大学院)担当の教員が所員として加わっている関係上、所員同士の共同研究も多く、また大学院は学際性と教員チームによる共同指導を掲げているので院生との共同研究が次第に増加していることも特徴といえるでしょう。
 紀要は、原著論文はもとより、研究ノートや各種研究会の報告、研究所主催の講演会の概要、所員インタビュー、研究所通信など多彩な内容になっており、年々充実しつつあります。

戻る