• シーズ集
  • 共同研究事例

シーズ集

石川 和己
研究者 石川 和己
工学部
電気電子工学科
教授
研究テーマ 1 コンクリート構造内の空洞検知に関する非破壊検査

内容

近年、コンクリート構造のトンネルや橋桁などが経年変化や環境の変化により、 内部に空洞が生じ、腐食や振動などによって剥離や落下事故が発生している。コンクリート構造内部は打音による検査、超音波による検査などが行われている が、検査箇所が多く、迅速な検査が進んでいないのが現状である。本研究は、可搬性に優れたシステム構成で迅速にトンネル壁内などの空洞検知を目的として、LC共振回路を用いたインピーダンス計測による非破壊検査の開発を行っている。センサの電極を走査すると、空洞のあるところでは電極の静電容量が変化し、その結果、インピーダンスおよび位相差が変化するので、空洞検知が可能である。

研究成果の応用例、活用分野

高速道路や新幹線のトンネル内部のコンクリートが剥離して落下する事故が報告されて

おり、内部の空洞検査が行われているが、迅速な対応ができていない状況である。本研

究の非破壊検査による空洞検知システムは可搬性に優れ、迅速な検査が可能である

め、数多くのコンクリート構造物内部の空洞検知に有用であると思われる。トンネルや

以外にもコンクリート構造の建築物の老朽化などによる内部の空洞検知にも利用

可能である。

 

【キーワード】
非破壊検査、空洞検知、
LC共振回路


【連絡先】
E-mail: ishikawa○mail.tohoku-gakuin.ac.jp(○を@に変えてください)
Tel: 022-368-7066