Junior seminar(2021)

本研究室で扱うテーマ

 本研究室では,人工知能の技術を用いた様々な研究を行っています.研究関連キーワードの一例として以下のものがあります.

 機械学習 ,強化学習 , パターン認識, Deep Learning,ロボット,ドローン, ニューラルネットワーク,IoT,ヒューマンロボットインタラクション(Human Robot Interaction) など

 耳慣れない言葉がほとんどかもしれませんが,上記のキーワードと「研究」という単語でググってみると色々な研究事例が見つかり,イメージがわくと思います.

 さて本研究室では、できるだけ配属学生が自分のやりたい(興味のある)研究を行ってもらっています。そのため、各自の卒業研究のテーマはジュニアセミナー中に配属希望者と打ち合わせを行って決めています.本研究室に興味はあるけれど,どんなテーマがいいか具体的に思いつかない人は,ぜひ直接相談してみてください(随時受け付けています).

 本研究室で現在進行している(最近まで実施していた)研究全体的の情報を知りたい方はResearchページをどうぞ.

研究活動について

 卒業研究は,各自が設定したテーマについて取り組みます.テーマにより実施内容は異なりますが,一例として,プログラムの作成,データ解析,実験,回路設計,システム設計・開発などを行います.また研究をすすめる上で,不明な点やわからないことは,随時教員とのミィーティングを行い解決していきます.

 研究室では,週に一回のペースでゼミ(研究進捗報告会)を行っています.ゼミでは,発表担当者が自身の研究についてプレゼンテーションを行います(質疑応答もあります).2021年度の前期のゼミは,新型コロナウイルスの影響により,アクティブラーニングスタジオにて実施しています.

ゼミの様子

 研究室は6号館2階の6205号室と6206号室です.6205号室は実験等をメインで行う部屋で,各自の実験機材(デスクトップパソコン,ヒューマノイドロボット,ドローンなど)が設置されています。6206号室はフリーアドレス型のスペースで,各自が好きな場所に座って作業を行います.

6206号室
6206号室

就職について

 所属学生に対しては,希望に応じて,履歴書の添削,エントリーシートの添削,面接練習等について随時行っています.

<卒業生の主な就職・進学先>
公務員,大学院進学(東北学院大学,国立大学),インターネットウェア株式会社,株式会社仙台ニコン,株式会社ナナイロ,株式会社コンピュータシステム研究所,東京エレクトロン宮城株式会社,テクノ・マインド株式会社,株式会社 NBCメッシュテック,YKK(株),アルプス電気(株),東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本),東北発電工業株式会社,山形カシオ株式会社,コセキ株式会社,三菱地所リアルエステートサービス株式会社,ソニーストレージメディアマニュファクチャリング株式会社,東海旅客鉄道株式会社(JR東海),(株)日立ビルシステム,パナソニックESエンジニアリング(株) ,東芝テックソリューションサービス(株),コセキ(株),東北セキスイハイム工業(株),昱機電(株),(株)東日本技術研究所,TDF(株),(株)ニチレイフーズ, (株)ヤマザワ薬品 ,東北精密(株) ,(株)仙台進学プラザ,春山建設(株) ,第一工業(株),(株)アクティオ, 関西エックス線(株),ケイテック(株) ,ライト工業(株),(株)エスアイインフォジェニック ,(株)ヤマリア ,郡山ヒロセ電機(株) など

大学院への進学について

 大学院では学部生と比べ,より高度で専門的な研究を行います.また,国内学会や国際会議において研究成果の発表も行います.大学院での2年間は,単に専門知識を習得するだけでなく,研究を通じてエンジニアとしても人間としても大きく成長できる時間だと思います.

 現在,本研究室には大学院生(M2)が2名在籍し,研究活動を行っています.進学に興味のある学生は先輩に直接相談することも可能です.希望者はその旨,連絡願います.

研究室が望む学生像

 当研究室では,次のような学生に来てもらいたいと思っています.

 興味を持って主体的に研究に取り組むことのできる方.自分で考えて色々と試すことができる,試行錯誤が好きな(苦にならない)方.遊びが大好きな方(新型コロナウイルスが蔓延する以前は,スポーツ大会やキャンプなどの各種イベントを行っていました)

 私は大学で得た知識が卒業後に直接役に立つことは希(まれ)だと思っています(だから勉強が無駄だと言っているのではありません).社会に出ると,これまでに身につけた知識では到底解決できない問題がたくさん現れます.そのため,皆さんには研究室での活動を通じて,分からない問題に直面したときに「調べて,質問して,教えてもらって,誰かと一緒に・・・とにかく何とかして解決する」スキルを身につけて卒業してほしいと思います.結局は,このスキルが社会に出てから皆さんを助けることになると思います (社会では「かっこよく解決する」ことは重要ではないと信じています) .

疑問や質問・研究室見学について

 研究室見学の希望や,疑問,質問,テーマに関することなど,相談は随時受け付けています(ジュニアセミナー期間外でもOK).以下のメールアドレスにその旨,連絡願います.

gouko_at_mail.tohoku-gakuin.ac.jp     ※  _at_ を@に変えてください.

なおメールを送る際は必ず大学から付与された「s」から始まるメールアドレスを使用願います.

ギャラリー