論文が掲載されました 

      論文が掲載されました  はコメントを受け付けていません

2017年に卒業した小笠原聡大さんが修士時代に行った研究をまとめた下記論文が掲載されました.

論文タイトル:Determining the Most Effective Way of Ensuring a Tidying-Up Behavior: Comparison of Effects of Reminders Using Oral Instruction, Posters, and Robots
著者: Akihiro Ogasawara and Manabu Gouko
雑誌名:Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics
ULR:https://www.fujipress.jp/jaciii/jc/jacii002400040543/